ニキビ跡が出来やすい赤ニキビは取り扱い注意!

この記事を読むのにかかる時間は→ 152

ニキビと言えば、赤ニキビというくらい赤ニキビでお悩みの方は多いようですね?

ただこの赤ニキビは、取り扱いを間違えると一生消えないニキビ跡やシミが残るので細心の注意が必要です!

そもそも赤ニキビとは?

赤ニキビが跡になってスッピンに自信がない画像

赤ニキビは、
白ニキビや黒ニキビがもっと進化したものです。

(白ニキビや黒ニキビについては、
それぞれ、
 あなたの常識を破壊!白ニキビ驚きの治し方
 黒ニキビの治し方は芯を出せばいいんだけどオロナインじゃ無理!
を参照してください。)

白ニキビや黒ニキビは、
毛穴に角栓が出来
皮脂や汚れが詰まっただけでしたが、
赤ニキビはこの皮脂汚れに
細菌(アクネ菌、マラセチア菌等)が繁殖して、

毛穴周りの皮膚や毛細血管が
炎症を起こしてしまっています。

赤ニキビは一生消えないニキビ跡になる可能性が・・・。

このように
炎症を起こしてしまっている赤ニキビは、
潰してしまったりしては、
後々大変なことになります。

例えば、
赤ニキビが紫外線に当たると、
この部分だけメラニンが過剰に作られて、
後で黒ずみやシミになって
一生残ってしまうこともあります。

かと言って放置しておくと、
炎症を起こして、
発達しすぎた毛細血管が元に戻らず、
ニキビは治っても、
赤みが引かない赤み肌になったりします。

そんな風に、
一生人前に自信を持って
スッピンをさらせないなんて
イヤですよね?

それでは、
赤ニキビが出来たら
一体どうしたらいいのでしょう?

赤ニキビをニキビ跡にしない上手なケアの仕方

赤ニキビが出来たら、
とにかくそれ以上刺激は与えないことです。

そして、軽い赤ニキビなら
専用美容液などで自宅ケア。

あまりひどい症状なら、
皮膚科に行くことも考えましょう。

ちなみに
すでにニキビ跡や赤みが気になる人や、
今も赤ニキビに悩まされている人は、
 「ニキビ染みの美肌ケアはベルブラン」の記事一覧
も参考にしてみてください。