潰すと膿が出る黄色ニキビは袋を取らないと再発!取るとクレーター?

この記事を読むのにかかる時間は→ 16

ニキビが黄色く膿みを持った状態になってしまったら、後悔しないためにするべきケア方法をサラリとご紹介しています。

そもそも黄色ニキビとは?

黄色ニキビ跡がクレーターになったイメージ画像

黄色ニキビは、
かなり進化がすすんでる、
ニキビの最終形態の一歩手前です。

赤ニキビを放置して、
中で膿がたまってしまっている状態です。

膿がたまる袋のようなものも
形成される場合もあります。

この膿みの袋が出来ると、
袋を取らないと
いつまでたっても治りません。

しかし、
膿みの袋が出来てしまうと、
袋を取って治っても、
ニキビ跡がクレーターの様に残ることもあります。

黄色ニキビをクレーターのようなニキビ跡にしたくないなら・・・

黄色ニキビを
クレーターのような跡にしてしまうと、
顔全体が夏みかんのようになってしまいますね?

こうならないためには
適切な処置が肝心です。

万が一すでにクレーターが出来てたり、
黄色ニキビを見つけたりしたら、

早急に皮膚科で診察してもらう方が
よいかもしれません。

それでも、
時間がなかったり
もう少し自宅ケアで何とかしたいという人は、
 「クレーター状ニキビ跡にアクレケア」の記事一覧
を参考にしてみてください。